編鐘古楽

5千年に伝えった広々として大きい音、自然界の音のように飄々として、雄大感は遠くの雷と同じである。息を潜めて静かに聞いて、思想は千年を繋ぎ、楽音に従って故国に思いをはせる。美しい姫がダンスし、スキールの衣服と玉の容貌をいうまでもなく、幅の広い快適な袖を振ってあげったら、その感覚がひらひら夢のようだ。みんなその舞踏を見った後、やっと『3月ごろまで肉の味が分からない』という諺をはたと悟る。

虹桥